下肢静脈瘤とはどんな病気?

あなたの足に現れる危険なサイン。「下肢静脈瘤」とは?

「下肢静脈瘤」のは下記の様な症状から始まります。

私たちの足の血管には、心臓から足に血液を送る“動脈”と、使い終わった、汚れた血液を心臓に返す働きをする“静脈”があります。人間は2本足で立って生活しているので、足の静脈の血液は重力に逆らって、上向きに流れており、そのため、静脈には、血液の逆流を防ぐ弁がついているのです。「下肢静脈瘤」とは、この弁が、何らかの原因で壊れることによって発生し、肺や心臓に戻るはずの血液が下肢に溜まり、その結果、足の静脈が太く浮き出ている状態をいいます。足のつけね(そけい部)の静脈の弁が最初に壊れるため、一見、静脈がふくれているふくらはぎの部分が悪いように見えますが、実際は足のつけねに原因があることがほとんどです。


















下肢静脈瘤とはどんな病気?
こんな症状はでていませんか?
下肢静脈瘤の治療は?

携帯版QRコード

QRコード

QRコード対応携帯の方は下のQRコードを読み取るだけで携帯サイトのURLへ接続することができます。

運営・お問い合わせ

東京都へ提出している医療機能に関する情報はこちらです。

運営・お問い合わせ

医療法人社団
医聖心和会
ファミリークリニック馬込
TEL:03-3773-9168
FAX:03-3773-9189

お問合せはこちら

総合案内お問合せ
個人情報お問合せ